電気的にデータを読み書きする半導体ディスク【SSD】

SSD


長期的にデータを保存する補助記憶装置としては、何といってもハードディスク(HDD)が有用でしょう。しかし、補助記憶としてSSDを選択することも有効です。

SSDにはフラッシュメモリが利用されています。前半にフラッシュメモリについて触れ、それ以降にSSDについて解説していきます。

フラッシュメモリとは?


フラッシュメモリとは、電気によってデータを読み書きする半導体メモリのことです。

磁気ディスクと比べてアクセス速度があり、機構上の複雑さもないためコンパクトに収めることができます。そのため携帯可能なノートPCやスマートフォンの記憶媒体として利用されるわけです。

フラッシュメモリはUSBメモリSDカードにも利用されています。

SSDとは?


SSD(Solid State Drive)とは、フラッシュメモリを利用した補助記憶装置のことです。フラッシュメモリのデータは不揮発性ですから、キャッシュメモリやメインメモリとは異なりコンピュータの電源を落としてもSSDのデータは保持されます

HDDとSSDとの比較


HDDとSSD、もちろんこれらにも一長一短はあります。ここではSSDメリットデメリットに着目して両者の性能を比較てみることにしましょう。

SSDのメリット(耐衝撃、省電力、高速)


HDDには複数枚のディスクと磁気ヘッドがあり構造はSSDと比べて複雑です。それに対しSSDは半導体メモリにデータが保存されるため機構的には単純だといえます。

そのため振動衝撃に強く、動作音も静かです。加えて省電力でHDDよりもデータアクセスが高速です。HDDの代替としては充分でしょう。

SSDのデメリット(容量面、故障リスク)


SSDは耐衝撃性があるため故障に強いイメージもあるかもしれません。しかし、HDDとは異なる故障リスクがあります。SSDはフラッシュメモリでデータを記憶します。フラッシュメモリは電気的な負荷発熱に弱いのです。劣化による障害が発生してデータが破損することも有り得ます。

そしてHDDと比較すると保管できるデータの容量が小さくなります。HDDはいまや1TB以上が主流ですが、SSDは128~512GBがせいぜいです(SSDの方が素子単価が高いというのもあります)。

ただし、それでもPCで利用する分には十分な容量ですから使用上の問題は少ないでしょう。





それでは、今回はここまでといたします。
最後までお読みいただきありがとうございます。


SSD
最新情報をチェックしよう!