平面と立体によって結果を出力する【プリンタ】

プリンタ


プリンタ」という言葉からは紙に文書や画像を印刷する機械を想像される方が多いことでしょう。しかし、近年では立体物の印刷も可能となりました。「3Dプリンタ」という言葉はどなたでも一度は見聞きしたことがあると思います。

この記事では、コンピュータの出力装置のひとつである「プリンタ」について解説していきます。

レーザプリンタ


レーザプリンタは以下の手順で印刷します。

  1. 有機光伝導体(ゆうきこうどうでんどうたい)を表面に塗布した感光ドラムにレーザー光をあて像を作る
  2. そこに付着したトナーを紙に転写することで印刷する


ごくかいつまんで説明するとこれだけのことです。ただ、何をいっているかは分かりづらいと思います………

つまり、

  1. 光によって電気を帯びる物質が付着した感光ドラムというロールにレーザー光を当てる(これで照射された部分に印刷したい像ができます)
  2. そこにトナーというカラー粉末を吹きつけ、紙に転写する


ということです。

レーザプリンタは印字音が静かで印刷品質も高く印刷速度も高速です。印刷効率が良いためビジネス用のプリンタとして利用されます。会社などで業務用のプリンタとして目にすることが多いはずです。

レーザプリンタ
図1:レーザプリンタ


インクジェットプリンタ


インクジェットプリンタは以下の要領で印刷をします。

  • 印字ヘッドのノズルからインクを吹き付ける


こちらも何を言っているのかよくわかりませんよね……

つまり、レーザプリンタとは異なり読み込んだ画像データに応じて極小のノズルでインクを吹き付けるわけです。

こちらも印刷品質が高く印字音も静かです。比較的低価格でカラー印刷できるため、家庭用のプリンタとして利用されます。

インクジェットプリンタ
図2:インクジェットプリンタ


ドットインパクトプリンタ


ドットインパクトプリンタは以下の要領で印刷をします。

  • 印字ヘッドの多数のピンでインクリボンに衝撃を与える


こちらは「プリンタの元祖」といえます。というのも、ドットインパクトプリンタがもっとも早く実用化されたプリンタだからです。

多数のピンで帯状のフィルム、つまりインクリボンを叩き、一列ずつ印字していきます。そのため印字音が大きく印刷品質も低く、現在ではあまり使われることはありません。ただし、複写用紙などの印刷はこの方式でしかできないため、伝票印刷では現在でも利用されています。

これはちょうどカーボン複写の書類を印刷するイメージです。カーボン複写は伝票はもちろんのこと、役所の書類などで複数枚重ねるかたちで転記する書類に利用されています。

プリンタにまつわる単位


ここではプリンタにまつわる単位についてまとめておきます。プリンタの製品カタログなどにも載っている単位ですから、ここで押さえてしまいましょう。

ppm (page per minute)


“ppm”は「分当たりの印刷ページ数」を意味し、プリンタの印刷速度を表します。

dpi (dots per inch)


“dpi”は「インチあたりのドット数」を意味し、プリンタやスキャナの解像度に用いられます。

3Dプリンタ


3Dプリンタとはモデリングソフトによって作成したデータをもとに熱で溶かした樹脂金属粉末を層状に積み重ねて立体物を作成するプリンタのことです。工業製品の試作品、抜型の制作、医療器具など、多用途で活用されています。

3Dプリンタ
図3:3Dプリンタ



似たような名前の「3Dスキャナ」と混同してしまいがちですが、まったく異なるものですから要注意です。こちらは立体物を感知して、「データとして」出力します。

つまり、両者の違いは以下の通りです。

3Dプリンタ:立体物をつくる
3Dスキャナ:データをつくる





それでは、今回はここまでといたします。
最後までお読みいただきありがとうございます。


プリンタ
最新情報をチェックしよう!