データを読み書きする「円盤」【光ディスク】

円盤


わたしたちの身近には、かつて”CD”というものがありました。昨今はサブスクリプションの隆盛によってすっかり見かけなくなりましたが、いまでもレコードショップに行けば店頭に並んでいます。

そういえば、DVDもすっかり見なくなりましたね。かわりにオンデマンドでアニメや映画を視聴しています(レンタル形式のサービスにはしばしばお世話になってます)。

この記事では、そんなCDDVD、つまり「光ディスク」について解説していきます。いまや古しきゆかしいアイテムとなってしまいましたが、CD-ROMからソフトインストールしたりディスクにデータを書き込んだりする機会はありますから、知っておいた方がいいでしょう。

光ディスクとは?


光ディスクとは、レーザー光によってデータを保存したり読み書きしたりするために利用される記憶媒体のことです。冒頭でも触れた通り、CDやDVDは光ディスクです。

光ディスクそのものには機械的な仕組みはありません。つまり「装置」ではないので記憶「媒体」というわけです。そのため安価耐久性も高いのです(ディスクの表面傷付けないように注意しないといけませんけどね)。

光学ディスク
CDもDVDも見た目はほとんど同じなんですよね。



光ディスクの種類


ここでは光ディスクの種類についてまとめていきます。それぞれ最大容量とその用途について触れていきます。ディスクの容量に応じて用途は様々です。

CD(Compact Disc)

最大容量:700MB

主に音楽用のディスクとして利用されますが、データ保存用としてやソフトウェア配布用としても活用されることがあります。

保存できるデータの容量が大きくないため、動画を保存することは実質不可能です(できたとしてもごく僅かな時間だけ)。

DVD(Digital Versatile Disc)

最大容量:17.08GB

大量の音楽を保存することができ、ファイルを保存するディスクとしても利用できます。なにより映像も記録することができ、2時間の映画であれば1本収録することが可能です。ゲームソフトの配布にも利用されます。

ただし、ハイビジョン映像を保存するには容量が全く足りません。そして画質は後述のBDよりも落ちてしまいます。

BD(Blu-ray Disc)

最大容量:100GB

光ディスクの中では最も大容量で、ハイビジョン映像の記録も可能です。その容量の大きさから、データのバックアップにも向いています。

光ディスクの読み書き


音楽や映画を視聴するにはCD-ROMやDVD-ROMをレコーダーに挿入しますよね。音楽やソフトウェアを焼く(書き込む)にはCD-Rを利用するはずです。ここでは光ディスクを読み書きの観点で区分していきます。

再生専用型(○○-ROM)


再生専用型のディスクは、データの読み出しのみ可能です。データの追記編集できません。音楽CDや映画のDVDは鑑賞用にしか使えませんよね。つまりそれは再生専用のディスクというわけです。

「○○-ROM」の種類

  • CD-ROM
  • DVD-ROM
  • BD-ROM


追記型(○○-R)

追記型のディスクは読み出しはもちろんデータの追記も可能ですが、編集まではできません。音楽データをCDに書き込む場合、つまり音楽を焼くときはこのタイプの光ディスクを使っていたと思います。

「○○-R」の種類

  • CD-R
  • DVD-R
  • BD-R


書き換え型(○○-RW)

書き換え型のディスクはデータの読み出しはもちろん、追記編集可能です。

「○○-RW」の種類

  • CD-RW
  • DVD-RW
  • BD-RE


※なぜかBDだけ「BD-RE」です。調べてみましたが今ひとつ理由は不明です。残念ながら、時にはこのようなこともあります……





それでは、今回はここまでといたします。
最後までお読みいただきありがとうございます。


円盤
最新情報をチェックしよう!