数学とプログラミングとの共通点についてまとめてみた【なお主観】

  • 2022年8月27日
  • 2022年8月27日
  • 雑記
数学とプログラミング


プログラミングって難しいよなぁ
そもそもワケが分からない
なんか記号とか多いし………


漠然とした難しさを感じる点ではプログラミング数学同じです。そこでこの記事ではどうしてプログラミングが難しいのかを私なりに説明してみます。

どちらも数学がからんでくる


そもそも現代のコンピュータ数学から派生したものです。

コンピュータは理論的な側面でいうと数学をもとに動いています。本来はそれに合わせてプログラムを組む必要があるため、どこかで必ず数学が絡んできます。

しばしば「プログラミングに数学の知識は必要ない」という言説を目にしますが、これはある意味では正しいことです。プログラミングシステムアプリケーションを開発するさい、高度な数学の知識をつかうことはそれほど多くはないからです。

開発の生産性を上げるために数学的要素がうまく隠されているからというのもあります。

ただし、分野によっては数学の知識がないとどうにもなりませんし、品質高いプログラムをつくるためには分野に関係なく必要になってきます。

どちらも人間がつくったもの


記号が多いという観点から説明していきます。

プログラミング言語数学もともに人工言語です。日本語英語などといった自然言語とは異なり、使い道も表現方法もごく限られます。使われる文字も英数字記号のみですからまったく融通が利きません。

プログラミング言語で「あれ、取ってきてちょ」といった曖昧すぎる命令はできませんし、数学で「この小説読んで感動したわ~」と表現することはできないのです。

プログラミング言語ではコンピュータに対して命令するだけ、数学は数そのもの図形の性質証明するだけなのです。

どちらも抽象的すぎる


ワケが分からないという点から説明してみます。

プログラミング数学には抽象的な考え方が多く、それを理解するまでに苦労することが多いのです。

ここではプログラミングを例に説明させてください。

オブジェクトとインスタンスという用語がある。オブジェクトを「モノ全般」とするなら、インスタンスは「具体的なモノ」とすることができる。


ご覧のとおり、抽象的すぎて何のことかわかりづらいでしょう。

ここで解説することもできますが、多くのスペースを割かなければいけません(そもそも本旨から外れてしまいます)。

この分かりにくさ説明のしづらさこそ、理解するうえでの最大の障害だと考えています。

理解さえすれば「最強」かも?


ほかにも両者を難しくしている要素はあると思います。ただ、ここまで説明したことが主たるところでしょう。

しかし、プログラミングにしろ数学にしろ、ある程度分かってしまいさえすれば大したことはありません。便利なツールとして活用することができます。

もっとも数学もプログラミングも学習や習得までに多くの時間を費やさなければならないのは紛れもない事実です(というより終わりはありません)。

数学にしろプログラミングにしろ王道はありません。しかし、だからこそ有効なスキル、武器たり得るのです。





それでは、今回はここまでといたします。
最後までお読みいただきありがとうございます。


数学とプログラミング
最新情報をチェックしよう!